297話 【父は日本人 母は原住民族】


リハーサルで こんなだったからか

卒業式、当日では


「昨日、泣いちゃったから 今日はそんなに泣かなかったや」


と、後輩たちに 

笑顔で見守られ 無事に卒業できました☆




卒業を悲しんでもらえたのは

嬉しかったけど

正直、意外で



そんな悲しむほど 

慕われたっけかなとか

疑問がよぎったし


涙が自然とあふれるほど

心の感情豊かで、愛情深くて羨ましいなとか

ぼんやり考えてた 私を許してほしい



あと、あくびは本当 

不可抗力だったんだけど 

皆の笑顔を見れたのは それは嬉しかったな




実家に帰るのは憂鬱だったけど

思い出残る学園に

お礼の思いを伝えて

私は小学校を卒業したのであった
















↓↓

お気に入りのアイスが、期間限定でコンビニで発売されてまして・・・。学校給食でおなじみの、セリアロイルの溶けないアイスっていう細長いムースアイスがあるんですよ(給食で出たことないから知らなった民)九州のソウルアイスらしいんですけど、これ 本っ当に美味しくて、ぷるんっとしてて優しい甘さのミルク味 溶けないのでお子さんにもお勧めのアイスなんですよ!!

人気があるので、アイス棚から減るのが早いこと早いこと

期間限定なので、会うのも1年ぶりです!!
今のうちのいくつか冷凍庫に確保済みであります(*´▽`*)ほくほく

見つけたらぜひお試しあれ~🌟



↓↓

読者登録はこちら('◇')ゞ






↓↓

ブログランキングの応援はこちら('ω')

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村



↓↓

1話からはこちらになります

イラストはタップすると拡大できます(*´▽`*)⭐


ずっと下にスクロールすると
次の記事から続きが読めます


しばらくプロローグから始まります~