308話 【父は日本人 母は原住民族】




顧問の先生、見た目がまんま 

ヤ―さんだったんですけど

めっちゃ優しくて 面白い先生で


よく職務質問されてました




先生、改造バイクで

学校に通勤してたんですけど

見た目がピザーラの配達バイクを

好きにキャラデザした感じで

雨も防げるし 安全度を上げた仕上がりで

最高にイカしてました



そして職務質問されてました





背も高いし マッチョだし

カッコよかった



リーゼントとサングラスが

チャームポイントだったけど

そこが良いのに 


ポリスメンには不審者だったのかなぁ




「教師だ」って本当のこと言っても

警察に信じてもらえなくて


同僚の先生や校長先生に

助けてもらってたなぁ




先生は 

ずっと独身だった



いい人と結ばれてるといいな





















↓↓

リーゼント先生がいる間は、色よりどりの花々も綺麗だったし 蝶々も来てたし 尾の長い青くて綺麗な鳥が来て 窓から眺めては、退屈だった休み時間の眼を楽しませてくれたりしました。

手入れをする人がいたから学校の校門も綺麗だったけど、リーゼント先生は他の学校に移動になってしまったので 指導してくれる顧問も居らず、それからは廃れてました。枯れた草木が、植木鉢の中を片寄せ合ってて 禍々しかったです(;´Д`)

手入れするのって大事なんだなぁ



↓↓



ブログランキングの応援はこちら('ω')

にほんブログ村 イラストブログ 絵日記へ
にほんブログ村





↓↓

読者登録はこちら('◇')ゞ







↓↓

1話からはこちらになります(*´▽`*)