産まれてすぐって、誰もが赤ちゃんじゃないですか。

赤ちゃんは、誰かに面倒を見てもらわないとすぐに死んじゃうと思うんです。



ミルクもあげなきゃいけないし、おしめも変えなきゃいけないし

やることは、山ほどあると思うんです。

全ての面倒を見なくてはいけないんだから。



私は物心がついた時には 産んでくれて かつ大きくなるまで育ててくれた恩があるのだから返さなければならないと親に対して使命感に駆られていました。


子供なんでもちろん、そんなにはっきりくっきり明確に心が決まってるわけではなく モヤモヤっとですがそう思ってました。



でも、ある日 気づいたんですよね・・・。



私、産まれてすぐからずっと入院していたわけだから ミルクも離乳食も おしめの取り換えも看護婦さんがやってくれてたな・・・・・・ってことに。



いや、もちろん親がやってくれたこともあったでしょうが、そのほとんどが病院だったような・・・?

病院履歴みると、10歳までに9回入院していて より重い病状の時って赤ん坊の時なんですよねぇ・・・。


その分、入院期間も長かったはず・・・。



うーん。

そこまで、彼らという親に恩義を感じることは必要は無かったんだなぁと今では思います。



あ、彼らには病院に連れってもらえた!!


病院で入院できたから長生きできましたー!!





いぇーい