101話 友達だから

悲しそうに、その話を母は 私にしてくれました。


そのお友達のことは、他のお友達経由でたまに母の耳に入ってくるそうで 元気にしてるそうで母は喜んでいました。



母は友人が多いので、台湾に行くたびに色んな人に出会えました。



いうて、私は台湾語も北京語もわからないので 何を言ってるのかいつもわからないままなのですが、毎回真っ赤な封筒をくれました。




中には、1000元入っていて(現在ルート約3600円)これでお買い物してねって優しい微笑みが遠くで見えなくなると母に封筒回収されたのは良い思い出です・・・( ;∀;)しくしくしく…




お祝い事には、真っ赤な封筒って決まっていて、中に入れる金額も1000元以上って決まってるんだそうです。



お年玉みたいなものなのですが、会う人みんながくれたので それだけ沢山の人に、母は好かれていたのだと思います。









家に帰ると、すーげー悪口大会始まるんですけどねぇ。




人面は、本当に良かった。











↓↓ 台湾で買い物したくても、お金がないので買えないんです。

でも、数十元くらいはもらっても見逃してもらえる時があったので それを元手にギャンブルで30倍くらいに増やしてから買い物を楽しんでいました^^


それで、次に台湾に行くとき用にまた数十元残しておいて、また増やしてからお菓子とか買ってました^^


ゲーセンにあるんですよ、日本のじゃんけんする機械みたいなやつのコインじゃなく現金バージョンが台湾にはあるんですよ!!



ゲーセンにいる おにぃさん達に崇めたてまつられて ちょっと面白かったです(笑)



にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村